不動産を探すなら周りの環境や住宅ローン等を目安にしよう

ローンの返済

住宅ローンの返済に困ったら任意売却

不動産神話が崩壊し、不動産価格の値下がりにより住宅ローンが不良債権化することが増えています。大量の不良債権を抱えるようになった金融機関への支援策の一環として、任意売却が行なわれるようになりました。 住宅ローンの返済ができなくなり、滞納を続けて放っておくと、不動産会社は競売を申し込みます。競売は裁判所がすべてやってくれるので手間が省ける半面、物件が市場価格よりかなり安い値段で売りさばかれてしまい、多額の借金が残ることや、近所に競売にかけられたことが知られてしまい精神的な負担がかかることなどデメリットが大きいです。 任意売却ではほぼ市場価格で売却できること、なお住宅ローンが残った場合も無理なく分割払いできること、近所に知られることがないこと、交渉次第では引越し費用などが捻出できることなどメリットが競売に比べてはるかに大きいです。さらに任意売却専門業者に依頼すれば複雑な手続きから開放され、手数料は成功報酬なので、手持ち金がゼロでも行なえます。 競売の手続きが始まってしまうと任意売却をすることが難しくなるので、住宅ローンが払えなくなったら素早く行動を起こす必要があります。

住宅ローンが払えない時は任意売却を考えて

住宅ローンが払えなくなった時は、任意売却という制度を利用すると良いです。競売では、物件がかなり安く売られてしまうので、物件売却後もなお多額の住宅ローン債務が残ります。債権者である金融機関にとっても、回収できない債権が残ることはデメリットが大きいです。そのため、競売の他に、任意売却という手段をとることが現在の主流となっています。 任意売却は、物件がほぼ市場価格で売れ、住宅ローン債務が残っても、分割で無理なく返済できます。さらに引越し代などが捻出できる可能性があるなどのメリットがあります。 競売入札が開始されてしまうと、もう任意売却の手段は取れません。任意売却にはおよそ1ヶ月から3ヶ月かかりますので、住宅ローンが払えなくなったらできるだけ早くに専門家に相談するべきでしょう。

↑ PAGE TOP